取得するのに難しいといわれている、難関の資格と言うのはたくさんありますが、一体どのような資格があるのでしょう?

難関の資格といえばどんなものがある?
難関の資格といえばどんなものがある?

難関の資格といえばどんなものがある?

専門性の高い仕事をするためには資格の取得が必要という仕事も非常にたくさんありますが、その資格を取得する際に難関と一般的に言われている資格にはどのようなものがあるのでしょうか?たくさんある中から、いくつか紹介したいと思います。

まず1つ目が、医師・歯科医師・薬剤師などと行った医療系の資格です。この資格はいずれも国家資格となり、医師ともなると受験資格を得る為だけでも、確か6年間と言う期間を要したと思います。医師の資格を取るためには、もちろん医学部に通う事が前提となってくるだろうが、6年間通う事が出来れば医師の資格は90%の確率で取得する事が出来るらしいです。ただし、その道のりは、かなり険しいものになっているようです。獣医師という、動物のお医者さんの資格もあるが、この資格に関しては、専門的に勉強を行える学校(学部)そのものが少ないため、資格の取得が困難なものになっているとの事でした。次に、弁護士になるための、司法試験があります。法律関係の資格では、一番難関の試験といわれているそうです。そして、その法律関係の試験では、司法書士・行政書士などという資格もありますが、いずれも合格率は平均2〜3%とかなりの狭き門のようです。弁理士・社労士・公認会計士等に関しては、若干緩和された感じがしますがそれでも、合格率は10%にも満たないそうです。後は、一般的に知られていて、取得を目指している方も多いかと思われる、簿記の資格に関しては、2級までは割りとすんなり合格する事が出来ても、1級ともなると非常に難しく、こちらも合格率は10%前後との事。その他、公務員試験やシステム関係の試験もありますが、レベルが高い試験ともなるとどの資格も、取得するのにはかなりの忍耐と努力が必要なのは間違いありません。ですが、今お仕事でも、需要が高いとされているIT関連・システム関連の資格に関しては、興味がある方は取得を目指して勉強をしてみても良いかも知れないですね。資格を持っていて損は絶対にないものだと思います。システムエンジニア・アプリケーションエンジニア・システムアナリストなど、どれも難関な資格と言われているものにはなりますが、システム関連の仕事をされるに当たっては、将来有望視される事になるでしょう。

ずらっと、一般的に難関といわれる資格を紹介しましたが、この様な資格を取得するためには、それなりの費用も掛かってきます。将来の設計図があって、それに向かってしっかり取り組む事が出来るのであれば、望んでもいいのかも知れませんが、安易な考えで勉強を始めるのはよくないことかも知れません。また、資格の難易度が高い分、専門性も高いものです。その為、実際にお仕事となった時には、それなりの高待遇が見込まれるのは当然のことかも知れません。

 比べてお得!